米利上げ継続観測は後退せず

 本日発表される米4-6月期国内総生産(GDP)速報値は、米アトランタ連銀の経済予測モデル「GDPNow」の最新の推計では前期比年率+3.8%から+4.8%と推計されている。外為市場では4%成長は織り込み済み。経済成長率は、1-3月期の+2.0%から大幅に加速する見通しだが、市場関係者の間では7−9月期以降の成長率に対する関心が高まっている。今年後半の成長率が4%台で推移するとの見方は少ないが、現時点で7-9月期以降の成長率が急低下する可能性は低いとみられているが、インフレ率(コアPCE)は2%程度で高止まりする可能性があるため、年内2回の追加利上げ観測は後退しないだろう。

 為替相場については、米国と欧州連合(EU)の貿易戦争はひとまず回避されたものの、自動車関税についての結論は先送りされており、貿易・通商問題を巡って米国とEUが再び対立し、ユーロ・ドルやドル・円相場が乱高下する可能性は残されている。

<MK>
Source: マネーポストWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。