青山商事<8219>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2018年7月19日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

青山商事

3ヶ月後
予想株価
3,621円

「洋服の青山」が主力の紳士服チェーン最大手。15年に靴修理専門店「ミニット」を買収。カジュアル店・飲食店も展開。強化しているレディースウェアが好調も主力のビジネスウェアが伸び悩み、18.3期通期は横ばい。

2020年売上高目標3,000億円に向けて施策を実施。19.3期は主力のビジネスウェア事業で新人事制度を開始するにあたり、人件費の増加が見込まれ、増収微増益を予想。株価は短中期では下降も長期では上昇予想。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/261,097/20,796/21,524/11,575/208.96/170.00
20.3連/F予/267,502/21,647/22,531/12,191/220.08/180.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/07/19
執筆者:YS

<FA>
Source: マネーポストWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。