欧州為替:ドル・円は111円35銭から111円59銭まで上昇

 31日のロンドン外為市場では、ドル・円は111円35銭から111円59銭まで上昇した。日銀の強力な金融緩和を継続するための枠組み強化決定を受けた円売りが優勢になった。

 ユーロ・ドルは1.1711ドルから1.1744ドルまで上昇。ユーロ圏の4-6月期GDP速報値は予想以上に減速したが、7月消費者物価指数速報値の伸び拡大を受けたユーロ買いが強まった。ユーロ・円も130円45銭から130円94銭まで上昇した。

 ポンド・ドルは1.3138ドルから1.3173ドルまで上昇。英中銀の利上げ観測によるポンド買いが続いた。ドル・スイスフランは0.9872フランから0.9890フランでもみ合った。

<KK>
Source: マネーポストWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。