カラオケ、外食、買い物… 家族で嬉しい8月株主優待5選

コメダホールディングスの株主優待も魅力的

 いよいよ夏本番、「夏枯れ相場」とも言われる8月だが、株主優待は充実している。猛暑で出かけるのが億劫な投資家は、夏休みを利用して投資候補銘柄を探してみてはいかがだろうか。

「カラオケまねきねこ」やスーパー銭湯の「まねきの湯」などを運営するコシダカホールディングス(2157)では、同社の店舗で利用できる2000円分の優待券が年2回送られる。3年以上継続保有すると倍額になるうえ、400株保有すればカタログギフトが追加されるので長期保有や買い増しも狙いたい銘柄だ。

 さまざまな業態の飲食店で使える優待券で人気の高いクリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387)は、今回の権利確定から長期保有特典を追加した。対象になるのは200株保有からだが、年2回1500円分の食事券がプラスされる。

 コメダ珈琲店で使える電子マネーがもらえるのが、コメダホールディングス(3543)。継続保有している株主のカードには、優待を獲得するたびに自動でチャージされるので便利だ。

 子どもがいる家庭ならスタジオアリス(2305)。四切写真プリント(フレーム付)、キャビネサイズデザインフォト(アクリルフレーム付)、B3サイズポスターのいずれかを選択できる「株主写真撮影券」が贈られる。2017年までは6月末の権利確定だったが、決算期の変更で8月になったので注意したい。

 同じくファミリー層に人気なのが西松屋(7545)。店舗で使える買い物券は2017年8月権利確定分からプリペイドカード形式になり使い勝手が向上した。2020年からは長期保有特典が追加される点にも注目だ。

 以下、8月に権利獲得できる優待の中から、注目銘柄のデータを紹介しよう。2018年8月の権利を得るには8月28日(金)までに株を購入しておこう。

Source: マネーポストWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。