欧州為替:ドル・円は値を下げる展開、株安で円買い優勢

 ドル・円は欧州市場で111円47銭まで値を下げる展開。欧州株が大きく下げているほか、米株式先物が軟調地合いで米株安が見込まれ、警戒の円買いが入りやすい。株安を受けて、米10年債利回りも2.980%付近に低下してきており、ドル売り圧力も高まりつつある。ユーロ・ドルは1.1608ドルまで下落している。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円47銭から111円66銭。ユーロ・円は129円46銭から129円83銭、ユーロ・ドルは1.1608ドルから1.1634ドルで推移。

<KK>
Source: マネーポストWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。