「産業スパイ」っぽい アルバイト に見る、フェイクの本質:「ひとまず、信じない」ことの重要性

shutterstock_677946844-eye

私の人生最初の名刺は「電博堂の木村」だった。もちろん、私は、その電博堂の社員になったこともないし、実名は「木村」でした! という事実もない。つまり、ある意味で、私は電博堂の社員を偽って装い、しかも、「木村」という偽名を名乗った訳だ。いま風にいえば、フェイクである。ーー有園雄一氏による寄稿コラム。

The post 「産業スパイ」っぽい アルバイト に見る、フェイクの本質:「ひとまず、信じない」ことの重要性 appeared first on DIGIDAY[日本版].

Source: DIGIDAY[日本版]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。