欧州為替:ドル・円は111円20銭から111円53銭まで上昇

 6日のロンドン外為市場では、ドル・円は111円20銭から111円53銭まで上昇した。ユーロ・ドルやポンド・ドルの下落をきっかけにしたドル買いが優勢になった。

 ユーロ・ドルは1.1567ドルから1.1530ドルまで下落。イタリアの財政懸念やドイツ製造業指標の悪化を受けて、ユーロ売りが強まった。ユーロ・円は128円51銭から128円71銭でもみ合った。

 ポンド・ドルは1.2975ドルから1.2923ドルまで下落。英国のEUからのノーディール離脱への懸念によるポンド売りが続いた。ドル・スイスフランは0.9949フランから0.9981フランまで上昇した。

<KK>
Source: マネーポストWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。