欧州為替:ドル・円は動意薄、米株式先物はプラス圏

 ドル・円は欧州市場で動意の薄い展開となり、足元は111円20銭付近でのもみ合いが続く。欧州株式市場は総じて弱含み、リスク選好の円売りは後退。ただ、米株式先物はプラス圏で推移し、今晩の米株高を見込んだドル買いは入りやすい。また、ユーロ・ドルが安値圏に沈み、ドルをサポートしているようだ。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円16銭から111円23銭。ユーロ・円は129円67銭から129円85銭、ユーロ・ドルは1.1662ドルから1.1678ドルで推移。

<KK>
Source: マネーポストWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。