仮想通貨市場低迷の8月、仮想通貨NANO が急上昇【フィスコ・アルトコインニュース】

8月の仮想通貨市場は総じて低迷し、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)などのメジャーな仮想通貨が下落基調であった中、仮想通貨ナノ(NANO)は約67%と大きく上昇した(コインマーケットキャップより)。

ナノの価格は、8月1日時点の約1.8ドルから31日には約3ドルへと上昇し、月後半に大きく好転した。ナノの時価総額も、8月1日の2億6000万ドルから8月31日には4億2000万ドルへと倍増している。コインデスクなど海外メディアは8月最もパフォーマンスの良かった仮想通貨と報じた。

8月は、ビットコインが兼ねてより期待されていた米証券取引委員会によるビットコインETF(上場投資信託)の承認に至らなかったなどのネガティブなニュースで月初から月末では約12%下落した他、イーサリアムやリップルの価格も30%前後の下落を見せた。

<SI>
Source: マネーポストWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。