社員の4分の1を味方にすれば全体を説得できる:研究結果

説得に関する、「転換点」理論をシンプルに説明する最近の論文をご紹介しましょう。論文によれば、100人から10万人のグループでは、グループ全体の25〜31%のコンセンサスが取れれば、全体の行動基準を変えることが可能だということです。
Source: ライフハッカー[日本版]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。