欧州為替:ドル・円は111円45銭から111円64銭で推移

 5日のロンドン外為市場では、ドル・円は111円45銭から111円64銭で推移。トルコリラや南アランドが下げ渋り、欧米株安にも米10年債利回りが2.89%台に上昇し、ドル買い、円売りが優勢になった。

 ユーロ・ドルは1.1556ドルから1.1598ドルまで上昇し、ユーロ・円も128円79銭から129円44銭まで上昇した。欧州中央銀行(ECB)の出口戦略への思惑もユーロ買いにつながった可能性。

 ポンド・ドルは1.2786ドルから1.2835ドルでもみ合い。英国の8月サービス業PMIの上振れで底堅い動きになった。ドル・スイスフランは0.9735フランから0.9750フランで推移した。

<KK>
Source: マネーポストWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。