オハラ<5218>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2018年8月28日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

オハラ

3ヶ月後
予想株価
2,770円

光学ガラスの国内最大手メーカー。半導体露光装置・光通信機器等向け等を扱う。光学機器用レンズ材需要増や耐衝撃・高硬度クリアガラスセラミックスの販売好調等、計画が順調に推進。18.10期2Qは、増収大幅増益。

中計で20.10期の目標売上300億円以上、営業利益24億円以上。17.10期は目標利益を達成している。18.10期、19.10期は増収益予想。中計目標は達成見込み。株価は揉み合いながら長期では上昇予想。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18年10月期連/F予/26,776/2,106/2,380/2,204/86.59/29.00
19年10月期連/F予/29,112/2,290/2,588/2,396/94.14/32.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/08/28
執筆者:YS

<FA>
Source: マネーポストWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。