欧州為替:ドル・円は111円44銭から111円58銭で推移

 12日のロンドン外為市場では、ドル・円は111円44銭から111円58銭で推移した。米国の生産者物価指数の発表を控え、小動きになった。

 ユーロ・ドルは1.1605ドルから1.1572ドルまで下落。欧州中央銀行(ECB)がユーロ圏の成長見通しを下方修正するとの見方がユーロ売りにつながった。ユーロ・円も129円35銭から129円00銭まで下落した。

 ポンド・ドルは1.3048ドルまで上昇後、1.2980ドルまで下落。ブレグジットに絡む英政局懸念によるポンド売りが再燃した。ドル・スイスフランは0.9728フランから0.9750フランでもみ合った。

<KK>
Source: マネーポストWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。