欧州為替:ドル・円は113円03銭から113円22銭で推移

 31日のロンドン外為市場では、ドル・円は113円03銭から113円22銭で推移した。欧州株が全面高、米株先物も大幅高となり、米10年債利回りが3.15%付近まで上昇するなか、日銀が発表した11月のオペ方針で日程や回数が減少したことから円買いが一時強まった。

 ユーロ・ドルは1.1331ドルから1.1360ドルで推移。ユーロ圏の10月消費者物価指数速報値の伸びが予想通り拡大し、底堅い展開になった。ユーロ・円は128円17銭から128円54銭で推移した。

 ポンド・ドルは1.2723ドルから1.2777ドルまで上昇。明日の英中銀金融政策委員会を控え、ポンドの買い戻しが優勢になった。ドル・スイスフランは1.0034フランから1.0062フランで推移した。

<KK>
Source: マネーポストWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。