【2018年11月優待】ホテル宿泊券から高配当銘柄まで注目5選

11月権利確定の注目株主優待をピックアップ

 11月の株主優待は数こそ少ないが、優待や配当の利回りが高かったり、少ない投資金額で得られる優待も目立つうえ、業績の安定した銘柄も多い。以下、11月に権利獲得できる優待の中から、30万円程度の資金で投資が可能な注目銘柄のデータを紹介しよう。(株価や投資額はいずれも10月下旬時点)。

 人気の高いクオカード優待の銘柄は11月も複数あるが、その中でもマンション工事のファーストコーポレーション(1430)のお得度が高い。11万円程度の投資で1000円分のクオカードの優待に加え、期末の5月には3800円の配当があり、優待と配当の利回りを合わせれば4.3%を超える(100株保有の場合)。業績も安定しており、長期保有候補として検討する価値はありそうだ。

【ファーストコーポレーション(1430)】クオカード……100株以上1万株未満:1000円分 1万株以上:2000円分(11月末、年1回)

 不動産投資やホテル事業を展開するサムティ(3244)は、保有株数に応じて自社ホテルの宿泊割引券か無料宿泊券を贈っている。ビジネスや観光に便利な好立地ホテルの優待だけでもお得感があるが、配当利回りだけで4%を超えていることもあり、保有の楽しみが大きい銘柄といえそう。業績も好調だ。

【サムティ(3244)】センターホテル東京・大阪の宿泊割引券または無料券……100株以上300株未満:3000円の割引券を1枚ずつ 300株以上1500株未満:無料宿泊券を1枚ずつ 1500株以上:無料宿泊券1枚ずつに加え天橋立ホテルの5000円割引券4枚(11月末、年1回)

 中古マンションのリノベーションや投資サポート事業を展開するスター・マイカ(3230)は、年2回、異なる優待を実施している珍しい企業だ。11月には入浴剤など美容・健康・生活関連商品、5月にはクオカードを贈っている。配当利回りも約2%と高め。業績は好調だが株価は下落トレンドにあり、投資タイミングには注意したい。

【スター・マイカ(3230)】11月に2900円相当の美容・健康・生活関連商品、5月末にクオカード1000円分……100株以上(11月末、5月末、年2回)

Source: マネーポストWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。