銀座山形屋<8215>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2018年10月23日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

銀座山形屋

3ヶ月後
予想株価
1,750円

創業100年を超えるオーダーメイドスーツの老舗。小売のほか、卸売や受託縫製加工等も行う。収益は下期に偏重傾向。小売事業は堅調。オーダーメイドスーツは売上順調。減損損失剥落。19.3期1Qは2桁最終増益。

1着当たりの販売単価は上昇。受託縫製事業は売上貢献。卸売事業は新規催事先の増加が売上寄与。19.3期通期は2桁増益計画。PBRは1倍割れだが、流動性向上に課題。株価は手掛けづらく、当面は横ばい推移継続か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/5,710/195/250/200/115.90/50.00
20.3期連/F予/5,950/215/270/210/121.69/50.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/10/23
執筆者:YK

<FA>
Source: マネーポストWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。