憧れの職業に固執しすぎなければ、人生はもっとうまくいく

長年の間、私は憧れの職業が次々に変わり、その時々の「憧れの職業」と「実際に就いている職業」を比較してばかりでした。常に心の中で比較し続けていた結果、どの仕事もあまり楽しくなくなり、上達する可能性も失っていました。
Source: ライフハッカー[日本版]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。