米・広告業界に蔓延する、「 ハッスル 」文化への賛否両論:「奮闘ポルノ」という批判も

TED-eye

米・広告業界で「ハッスル」をはじめたのは、ゲイリー・ヴェイナチャック氏だろう。「ハッスルの考え方」は、同氏がハッスルとはどういうことかについて4年前に執筆したブログの記事だ。明確には、ハッスルとは単に一生懸命働くことではなかった。「制作のために持てるエネルギーを余さず最大化すること」だった。

The post 米・広告業界に蔓延する、「 ハッスル 」文化への賛否両論:「奮闘ポルノ」という批判も appeared first on DIGIDAY[日本版].

Source: DIGIDAY[日本版]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。