これからのビジネスにはアート的な視点が必要/クリエイティブディレクター 佐藤可士和さん

無駄をそぎ落としたアートディレクションの数々、ミリ単位でそろえられていると思われるほどのオフィスインテリア、さらに整理術の著書も手掛けるなど、シンプルで明快なデザインのイメージがある佐藤可士和さん。ところが近頃、「コントロールされない」「一点もの」といったアートへの回帰も意識しているのだといいます。時代に応じて、表現の方法を変化させていく佐藤さんは、スマイルズが手掛ける「TheChainMuseu
Source: ライフハッカー[日本版]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。