欧州為替:ドル・円は113円23銭から113円42銭で推移

 29日のロンドン外為市場では、ドル・円は113円23銭から113円42銭で推移した。ポンド中心に欧州通貨売りが目立ち、ドル・円でもドル買いが優勢気味になった。

 ユーロ・ドルは1.1398ドルまで上昇後、1.1349ドルまで下落。ポンド下落やドイツ各州の11月消費者物価指数の伸び鈍化を受けて、ユーロ売りが強まった。ユーロ・円は129円11銭まで上昇後、128円68銭まで下落した。

 ポンド・ドルは1.2835ドルから1.2756ドルまで下落。英中銀がブレグジットに関する経済分析で大幅な景気減速の見通しを示したことを受けて、ポンド売りになった。ドル・スイスフランは0.9920フランから0.9966フランまで上昇した。

<KK>
Source: マネーポストWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。