29日の日本国債市場概況:債券先物は151円21銭で終了

<円債市場>
長期国債先物2018年12月限
寄付151円02銭 高値151円23銭 安値151円01銭 引け151円21銭
売買高総計42404枚

2年 394回 -0.145%
5年 137回 -0.110%
10年 352回  0.080%
20年 166回  0.590%

債券先物12月限は、151円02銭で取引を開始。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の発言を受けて利上げ打ち止めは近いとの観測が広がるなか、米10年債利回りが3.01%台まで低下したことを受けて買いが優勢になり、151円01銭から151円23銭まで上昇した。現物債の取引では、全年限が買われた。

<米国債概況>
2年債は2.78%、10年債は3.00%、30年債は3.29%近辺で推移。
債券利回りは低下。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は0.32%、英国債は1.33%で推移、オーストラリア10年債は2.60%、NZ10年債は2.57%。(気配値)

[本日の主要政治・経済イベント]・22:00 独・11月消費者物価指数(前年比予想:+2.4%、10月:+2.5%)
・22:30 米・10月個人所得(前月比予想:+0.4%、9月:+0.2%)
・22:30 米・10月個人消費支出(前月比予想:+0.4%、9月:+0.4%)
・22:30 米・10月コアPCE価格指数(前年比予想:+1.9%、9月:+2.0%)
・22:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:22.0万件、前回:22.4万件)
・24:00 米・10月中古住宅販売成約指数(前月比予想:+0.5%、9月:+0.5%)
・04:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(11月7-8日会合分)
・04:00 ボストン連銀主催会合で討論会(シカゴ、ダラスなど5地区連銀総裁参加)

<KK>
Source: マネーポストWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。