プログラマティック広告 、米・媒体社たちの赤裸々な本音:「GDPRには、誰か生贄が必要だ」

silver-bullet-eye

プログラマティック広告は、その名称がもたらす印象ほど、「オートマティックな」広告販売方法ではない。11月第3週、アリゾナ州スコッツデールにおける、米DIGIDAY主催のプログラマティック・メディア・サミットで開かれたクローズドなセッション中、パブリッシャーたちは不満や苛々の数々を爆発させた。

The post プログラマティック広告 、米・媒体社たちの赤裸々な本音:「GDPRには、誰か生贄が必要だ」 appeared first on DIGIDAY[日本版].

Source: DIGIDAY[日本版]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。