SRAホールディングス<3817>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2018年11月20日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

SRAホールディングス

3ヶ月後
予想株価
3,100円

独立系のシステム開発会社。金融や製造業向けに強み。機器販売も行う。資本業務提携先している米国の通信機器企業を子会社化。香港の持分会社を売却し、売却先香港企業の新株を取得へ。19.3期2Qは営業益横ばい圏。

19.3期は製造業向け開発が堅調。運用・構築も大学向けが伸びる。機器販売は高収益案件に集中。販管費増こなし、営業増益へ。持分益減。提携先連結化で特損。記念配剥落。PERに割高感なく、株価は戻り試すと想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/40,000/4,400/4,400/2,800/227.22/105.00
20.3連/F予/41,000/4,600/4,600/2,900/235.07/110.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/11/20
執筆者:JK

<FA>
Source: マネーポストWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。