王将フードサービス<9936>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2018年11月21日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

王将フードサービス

3ヶ月後
予想株価
8,000円

外食チェーン店「餃子の王将」を経営。10月地点での店舗数は736店。売上高1000億円と店舗数1000が目標。台湾に進出し、海外での店舗拡大を展望。19.3期中間期は各利益大幅増。通期でも増収増益を計画。

売上は9カ月連続で同月比過去最高を更新。人件費比率の改善が奏功し、平均客単価も高水準。人材投資や販促強化、メディア訴求を継続し、新規顧客開拓に注力。株価は下値サポート強く、長期上昇トレンド継続か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/81,200/5,750/6,120/3,940/210.40/120.00
20.3期連/F予/83,500/6,000/6,350/4,050/216.30/120.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/11/21
執筆者:YT

<FA>
Source: マネーポストWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。