欧州為替:ドル・円は112円73銭まで下落、ドル売りの流れは継続

 ドル・円は欧州市場で一段安となり、112円73銭に値を下げる展開。欧州通貨やオセアニア通貨が対ドルで強含み、ドル売りの流れが続く。このうち、ポンド・ドルは18時半に発表された英国の11月建設業PMIの予想上振れが好感され、また、欧州司法裁の法務官が英国はEU離脱の撤回が可能との見解を示したことで、1.28ドル台まで上昇した。また、欧州株安や米株先物の下落で、円買いにも振れやすい。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円73銭から113円14銭。ユーロ・円は128円48銭から128円84銭、ユーロ・ドルは1.1376ドルから1.1419ドルで推移。

<KK>
Source: マネーポストWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。