ピクスタ—「ロイヤリティフリー」素材が教育現場で需要増加、教育・出版社向けライセンスセミナー開催

ピクスタが運営する、写真・イラスト・ 動画・音楽素材のマーケットプレイス「PIXTA」では、印刷・出版業界や学校・教育業界のユーザーからの素材購入点数が5年で約4.5倍に増加、2018年11月末時点の素材購入点数は約53万点にのぼっている。

近年、教育現場でのICT 活用の機会が増大するなど、学習教材で使用される素材の使用用途が多様化している中、一度購入すれば追加使用料が発生せず、使用期限にも制限されず何度でも使うことのできるロイヤリティフリー素材への需要が高まってきている。また、2019年1月には著作権法改正の準備も進んでいる。

同社では、ロイヤリティフリー素材への需要の高まりを背景に、教育・出版社向けにストックフォトのライセンスに関するセミナーを12月12日に開催する。

<MH>
Source: マネーポストWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。