日経平均テクニカル:続落、5日線は下降転換

5日の日経平均は続落。朝方に安値を付けた後は値戻しに向かい、ローソク足は陽線を引いた。ただ、ザラ場高値が25日線に届かなかったほか、5日線が下向きに転じ、目先の弱地合い継続を示唆した。一目均衡表では、日々線が雲下にとどまった。転換線は上向いたが、遅行線は株価との上方乖離幅を縮小し、強気シグナルは小さくなった。
ボリンジャーバンドでは、日々線が-1σに接近した後に下げ渋ったが、下向きの中心線には届かず売り手優位を示唆。一時+2σを超えた3日を直近ピークとする下降トレンドを形成した。

<FA>
Source: マネーポストWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。